FC2ブログ

今日はこちらが…

$カヨコのLife Is BEATful-ひねりんちょ②

大変よくひねれております(^^ゞ

こんなカッコでよく平気だなといつも思うんですが(笑)


にゃんこってやわらかい♪


にゃーネコぐぅぐぅ
スポンサーサイト



いや~もう!最高っすよ!!

$カヨコのLife Is BEATful-キャプテンEO

子ども会ツアーだったので、
ご近所さんのお友達と一緒に見ましたが、

マイケルジャスト世代の母3人、懐かしいやら嬉しいやら。
リアルタイムで見たのはかれこれ20年前…(遠い目)


ウェイティングスペースではメイキング映像が流されていましたが、

製作のルーカスと監督のコッポラの、
若い若いお姿が(笑)。
今更ながら、凄い面子で創られたもんですよね。

そして本編は!

最も油が乗っていた頃のマイケルが!!

超ドアップ、しかも3Dで手の届きそうな場所に浮き出て見えるんだよ(≧▽≦)!!!!


感激。゚(T^T)゚。

PVやライブビデオなど、マイケルの映像は多々あるけれど、
こんなに臨場感を持って目の前に迫ってくるものが他にあるだろか。

いろんな意味で、

キャプテンEOが製作されて、本当に良かった。
そう思いました。

また見られてシアワセでした。


↓キャプテンEOの中の2曲♪



We Are Here To Change The World

Another Part Of Me

TDRのキャプテンEOのページはこちら。

バカ混みのランドからですf^_^;

天気よく日差しも暖かく、快適だった代わりに、

混んだ(笑)


まぁ土曜日なので覚悟はしてたが、
予想以上…


間もなく始まるエレクトリカルパレードを待ってます♪


さすがに冷える(笑)

今から入るよアップ!!
カヨコのLife Is BEATful-110226_094344.jpg

今日は子ども会の歓送迎会バスツアーでTDランドです。


多分今ごろ、バスの中…♪(※予約投稿よん)



今日の一番の目的はキャプテンEOと、

ファンダフル会員限定トートバッグの予約です(^^♪




カヨコのLife Is BEATful-うっしー


全然関係ないけど、

部屋から引っ張り出されてきたのでうしおさんを添付。


なぜミッキーじゃないんだってツッコミは、無しの方向で(笑)。



行ってきまーす。

タイトルが"ひねりゴマ"みたいな(笑)


$カヨコのLife Is BEATful-ひねりんちょ

大変よくひねってます。

にゃー……
にゃーぐぅぐぅ

全然歌にカンケーない、どーでもいい話です。

今、そろそろテンプレート(ブログのデザインのことね♪)を変更しようと思って、
ダウンロードした物の中からひとつ選んだんですけれども…

どうも表示がうまくいかず、(記事タイトルが枠から飛び出してしまうなどなど…)
何とか幅やサイズを編集してみたものの、今一つ。

はたと。

「これってブラウザのせいかも!?」と思い当ったのでした。


説明しますと、ブラウザっていうのはインターネットを表示するための基本ソフトになります。
通常であれば、WindowsならIE(インターネットエクスプローラー)、Macをお使いの方はSafariが標準装備だと思うんですが、
任意でダウンロードできるやつもあるわけで。

私が今メインで使ってるのはGoogle Chrome。
いろんなサイトで広告が出てますよね。
動作が比較的軽いんですよ。

話を戻すと。

インターネットのサイト、
このブラウザによって表示のされ方が微妙に違います。

特にブログのデザインなどは、
それによって配置がくずれてしまうことがあるんですね。

クロームだと変だけど、IEならちゃんと見られる。
または、逆の場合もあるわけで。

それで。

件のテンプレートを、
IEの方で見てみた!

お、ちゃんとタイトルが枠に収まるじゃん、やっぱりー♪

…と、思ったら!!!!


左カラムのカレンダーのブログパーツが、はみ出て飛び出た(爆)!!!!

…結果( ̄▽ ̄;)、

無念の使用断念

いや、それよりも!!!!
もっと驚愕の事実に気がついてしまった




IEでご覧になってる方は。
このブログの文字が、ばかにちっちゃいな~って思いながら見ていた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか…

これね。

クロームの方では、通常の文字より、一回り大きく表示されてるんですわ…


まさか。

文字サイズまで表示のされ方が違うなんてーーーーーー(泣)!!

orz


以前。

その違いのせいで、クロームでちゃんと見られたブログの写真の数々が、
IEでは表示されず、夜中までかかってせっせと修正をかけた過去があるワタシ(T_T)…


もう、

直さないからー…(遠い目)

キリがないからー…


実は私の師匠であるAKIRA先生のホームページも、
クロームだとトップページが表示されないという現象が起きており、
まだ直ってないんですよね(IEだと大丈夫)。

そんなわけで、ブラウザによってそーいう事があり得るんだってことを。
ブロガーさんやホムペをお持ちの方は、知っておくといいんじゃないでしょうか。


ここの過去記事については、
パソコンの表示そのものを大きくして対応してちょーだい(笑)。

ちなみに、クロームでご覧の方はこの記事の文字の方が、
ばかにちっちゃいな~状態で見えてるはずです。

…もう、どないせーっちゅうんじゃい(笑)。

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
にほんブログ村

【自分の声は、どこへ行った???】

…と、いきなり書くと「なんだそれ?」と思うかもしれませんが、

自分が今、
ちゃんと歌えてるのか、
よくわからない。

自分の声、ちゃんと外に出てるの?

…と思うこと、ありませんか?


大勢の中で歌っていると、
当然周りからもたくさんの声が聞こえてきます。


…すぐとなりに、
声量のある人がいたりすると。

自分の声が聞こえないから、
(もしくはちょっと闘争心に火がついちゃったりして)
つい無理して声を張りあげてしまう。

ゴスペルはがっつり歌ってナンボなところがあるので、
ちょっとエスカレートしやすいんですよね(笑)。

結果、喉が痛くなる…。


さらに、コンサートやイベントなどで歌うと、
もう場所によって音環境は様々なんですよね。

反響の仕方、
伴奏の音量。

自分の声が全く聴こえない環境で
怖い思いをしながら歌ったことも、私も何度かあります。
特に初期の頃、普段なら絶対使わない地声で張りあげて歌っちゃったことも、
何度かありました。

文字通り、自分の声を見失ってしまうんですね。


【練習の時に気を付けたいこと。】


練習のしかたは、
クワイアーによって、
また先生やリーダーさんによっていろいろだと思いますが、

例えばうちの場合は発声練習で結構長い時間を使います。
…それでいつも感じることは、

発声練習は気合を入れ過ぎてはいけない。

…と、いうことなんです。
不真面目にやっていいって意味じゃないですよ(笑)。

もちろん、その容量や使っているメソッドにもよります。
ただ、少なくとも周りに釣られて声を出そう出そう出そう出そう…と頑張りすぎるのは、
逆効果になってしまう場合があるんだということだけは、知っておいた方がいいと思います。

実際、私の仲間に「発声練習が終わった段階でもう喉が痛い…」と言っていた人がいますので(^^ゞ。


注意するポイントなど、詳しい解説は次の記事で。

とうとうアメブロで二つのブログを持つに至り、
完全に混乱状態にあるカヨコさんです(爆)。

あれ~さっきコメント入れたはずなのに表示がない~あーそっかーあっちから入れたんだっけー、とか(^▽^;)

昨日何人かの方にあちらからコメント入れさせていただいたんですけども、
とりあえずお仕事用の方からコメ入れるのは金輪際やめます…収拾つかん(爆)。

ログインログアウトを繰り返すのが途方もなくめんどくさい。
いやーー…別のサイトで…とも考えたんですけどねー…

ネットワーク力って意味合いを思うと…
やっぱりここなんですよねぇ(;^_^A。

営業活動を兼ねてるってことで(笑)、
ペタはしばらくあちらから入れさせていただくかも知れません。
…それも気分次第かも知れません。 ←どっちなんだ汗
どうぞご了承を…。

ここ何日か、フィギュアの話などを含め、
3つのブログを、ここ最近では珍しくサクサク書いてますけれども。

つくづく、
私みたいに長文書く人間は、一回筆止めちゃうとダメですね(笑)。
要は言いたいことがいっぱいあるんで、
それをまとめ上げる頭が働かなくなるんですわ。


で、ちょっと頭が回るとちっとも本題に入りませんね(爆)。

太鼓のお話です。

ホントは絆コンサート記事の直後にこれで太鼓卒業、という話を書こうと思っていて書き損なっていたんですがヽ(;´ω`)ノ。
これがそれです(爆)。



まさに、降ってわいたように与えられた機会だったんですね。

地区の盆踊りで和太鼓を取り入れるようになって2年ほど後、
うちの親方から、地元の子供らに教えるから手伝ってくれと言われ。

初めは一番年上の子でも小学4年、一番下は年中の幼稚園児という状況で、
全く収拾がつかなかったです(笑)。


当時、茂原市内のある和太鼓団体の方から曲打ちの振付をいただいていた頃。
最初は、子供たちより曲を覚えてもいない状態からスタートしたワタシ(笑)。
小学3年で既に人間レコーダー状態で、ずば抜けて曲覚えの早かったお兄に、
「ここってどうするんだっけ?」と教えてもらったりしていたんだよねぇ(^^ゞ。

それが、いつしかオリジナル曲打ちの振付をいくつか創作するようになり。
このクリエイティブな作業は、本当に楽しかったです。


そして、TAKERUさんや丸さんとの出会いがあったわけで…

練習、そして自主発表会などの本番の日を通して、
TAKERUさんのプロフェッショナルなこだわりを間近で、
しかも観客側でなく同じ出演者側で見られたことは、
とても幸せなことでしたね。

私も過去芝居をやっていた人間で、
それなりに厳しい場数を踏んできたんですけれども、
その空気にまた出会えたことに、胸躍りました。


和太鼓での経験は、どれひとつ無駄になっていません。

恐らく。

ここで子供たちに物をコーチするという経験をしてなかったら。

ボイストレーナーになろうなんて事はとても考えられなかったと思うんです。


平日週1回という限られた時間の中、
つき詰め切れなかったこともあれば、
妥協せざるをえなかったことも、多々あります。

ただ、少なくとも。
この時間内で出来ることは精一杯やったし、
その意味では、一点の後悔もない。

こんな機会に恵まれたことに、
ただ感謝、感謝、感謝。

それしかないです。

$カヨコのLife Is BEATful-花時計

終わった後、保護者のみなさんから花時計をいただきましたブーケ2





…で、

終わるはずだったんですが( ̄▽ ̄;)!!!!!!


あと一回、

なんとか出てほしいとあるところから依頼を受けてしまい(爆)!!!!!!





卒業は



ちょっとだけ



お預けと



なりました




渡部 陽一です ←こら


そんなオチかーい!…と言わないでください(笑)。
なぜそうなったのか、詳細はまた後日汗汗

※こちらは、私のボイストレーニングブログと同じ内容の記事になります。
しばらく、あちらの方で自分がゴスペルを歌ってきた事をもとにした記事を書きますので、
せっかくなのでこちらでも掲載することにいたしました。

[本文ここから♪]

どんなことから書き始めようかと思っていたんですが、

やはり私がリアルタイムでやっていることでもあり、
ボイストレーナーのお仕事をするきっかけにもなっているので、

ゴスペルの話から進めて行こうと思います。


今、日本のゴスペル人口って、相当多いと思うんですよね。

ネットで検索してみると、
出るわ出るわ出るわ出るわ…(笑)。
恐らくここ数年の間に、急激に増えたのではないかと思います。

教会付きのクワイアーさんはもとより、
有志で作られた団体もあれば、
私の行っている某大手音楽教室(笑)などなど。
(今更伏せても、ってカンジですが(^^ゞ)

※恐らくこちらのブログの内容のせいだと思うんですが、
先日お問い合わせをいただいた方に、
先生つながりでこちらのゴスペルも私が先生をやっていると誤解を与えてしまったんですよね。
私は一生徒さんの立場でこのブログを好き勝手書いてるだけなので(笑)、念のため。
そんなわけで、あちらでは『某大手音楽教室』でお茶を濁しときました(笑)。

各団体がどういう性質のものかによっても、
レッスンやリハーサルの手順や進め方も違うとは思うんですが、
そのへんは割り引いていただいて…

私自身が歌ってきた経験で、
大勢で歌うときに気を付けたいことや、
発声についての話を、何回かに分けて書いてみようと思います。


【ゴスペルって、ホントに難しい…】


ゴスペルなんだから、

魂から!

楽しく!!

歌えばいいじゃん!!!

だからちょっとくらい音が外れても、
それは二の次三の次…という考え方もありましょう。

クリスチャンの方ならば、
賛美することで神様の愛を感じられれば充分、
という方もいらっしゃると思います。

もちろん、それで充分満足している方はそれで何の問題もないです。

しかし、前の記事にも書きましたが、

歌に寄せられる人間と言うのは、
多かれ少なかれ「上手くなりたい」という願いを持っているもので、

一方では。

たとえクワイアーの一員として歌っているとしても、
引っかかったり声が出なかったりすると、
密かに自己嫌悪に陥ったりする方も多いんじゃないかと思います。


そのクワイアーでどのような曲を扱っているかにもよりますが、
多くのゴスペルの曲は、
そもそも楽曲としての難易度が高いわけです。

最新の『Wow Gospel』シリーズから曲を抜粋したりすると、特に。

何せ、ああいう有名どころの曲はプロのクワイアーが歌っているわけで、
あの方たちはお一人お一人が歌ってもハンパない歌唱力をお持ちなわけですから…

メロディもリズム取りもハーモニーも、
難しいのは当たり前と言えば当たり前なんですよね。


そして、これはゴスペルと言うより合唱する時の宿命なんですけれども、

大体出しやすい音域によって、ソプラノ・アルト、テナー・ベースとパートが分けられてはいるものの、

「全部が、自分の歌いやすい音域におさまるとは限らない」

…ですよね。

たとえばカラオケや、自分だけのライブなどなら、
自分の得意な音域の曲をチョイスするなり、
オリジナル曲なら歌いやすく作ってしまうなり、できるわけですが。

ソプラノは高音ばかり、
アルトは低音ばかりというわけでもないわけです。
それぞれに結構広い音域をカバーしないと歌いこなすのが難しく、

曲によってはひどく消化不良感が残ってしまったりします(笑)。


そんなゴスペル曲を、歌いこなすために。

留意したいポイントなどを、
次の記事から挙げていきます。

曲が難しいだけに、うま~くハマって歌えた時の嬉しさは、
半端ではないですからね(*^^)v。

今朝の猫どもです。

カヨコのLife Is BEATful-110222_062922.jpg

なでなでしてる手はお嬢。

カヨコのLife Is BEATful-110222_063014.jpg

巨大リラックマ乱入。
※お嬢です。


にゃ~~~にゃーあせる

2週連ちゃんのレッスンです。

ここ最近更新もかなーりのんびりな感じですが(笑)。
今のところ、外で歌う予定もかなり先にしかないので、

大物のクリスマスコンサートの後、
やや冬眠モードのMOBARA GOSPEL CHOIRでございます。

その間、蓄えを充分にってことで、
テキスト曲をやっているわけですが…

今日のレッスンは"Total Praise"の音取りラストまでと、

"Power To The People""Lean On Me""Take Me Back"のおさらいだったので、


貼らない( ̄▽ ̄)。

直近の記事なので、遡ってくださーい。 ←手抜き
…ぶっちゃけ、曲については特段書き加えることも見当たらず(爆)。復習だし。

しかし、これらの曲の音取りはかなり駆け足で進んでいってるため…

歌が怪しい。
限りなく怪しい^_^;。


さらに!

実は、今日を最後にしばらくゴスペルクラスから離れるメンバーがいて、
彼女のリクエストで最後に"Joyful Joyful"を!



歌ったのだが!!!!




果てしなく怪しかった…(爆)

おかしい…
おかしいぞ。

たしかこれ、ほんの2ヵ月前にライブで歌ったはずなのだが

レッスンの帰り、
お仲間と「やっぱり目標がないとダメよね」って話をしたりしていたのでした…(^^ゞ。

一番近い予定は、6月。
仲間の結婚披露宴ゴスペルだったりする(≧▽≦)!

めでたい

かなり長いメンバーの彼女は、
地元の吹奏楽団にも所属しており、

音楽祭みたいな披露宴にしたいとのこと。
素敵ですね~
どんな感じになるのか、今から楽しみです。



そんなわけで、今のところは間違いなく冬眠モードのワタシたち(笑)。

春になったら息をふき返します。


たぶん( ̄▽+ ̄*)。


よろしければ↓こちらもおひとつぽちっと♪
にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
にほんブログ村

今女子フィギュアを真剣に見入っていて、

ふと気付いたら、
かぼかぼが足元でこんな状態で寝てました。

カヨコのLife Is BEATful-110220_204225_ed.jpg

おなかなんだにゃ。にゃーにゃー

もうすぐ女子フリーが始まりますが、

一足先に男子は、高橋大輔優勝、
さらに15歳羽生結弦が2位という、
笑いが止まらない結果でお姉さんは満足です。 ←何様(笑)

そしてSPで調子を崩した小塚崇彦もフリーはきっちりまとめて4位。
今季絶好調で全日本まで制した彼らしいスケートでした。

本当に小塚くんは、オリンピック以降素晴らしく成長し、
もはや高橋・織田に肩を並べる頼もしいスケーターになりましたよね。

ポイントをちゃんと見てないんで不確かで恐縮なんですが、
多分フリーの方だけならこの3人がトップ3だったはずだと思います。
すごいことですよね~。

大輔くんは、4回転こそ失敗したものの、
圧巻の滑りですっかりラブラブ!ラブラブ←こんな感じに(笑)。

全日本までは、プログラムの後半でバテてしまうのが見てわかっちゃったりしたんですが、
今回は見ていて全く危なげなく(もっとも本人はやっぱりバテてしまったのは課題と言っているんですけど)、ストレートラインも切れていました。

それにしてもこのステップのエッジワーク技術は、
大輔くんの出現以来、男子も女子も全体のレベルが上がったと思うんですよね。

しかし、やっぱり彼のを見てしまうと、
こりゃ~他の誰も太刀打ちできないと思いますね。
深く、滑らか。自由自在。

惚れ惚れ恋の矢

やっと、これぞ高橋大輔なスケーティングが見れて、私は満足♪
世界フィギュアが俄然楽しみになりました。

そして、
羽生結弦ですよ!!!!

目が覚めるような完璧な4回転!!

本当に先が楽しみな子ですね~。
SPで女子顔負けのエレガントな演技をしたかと思えば、
フリーでは一転、力のこもったプログラムで、

この年でどれだけ引き出しを持っているのかとビックリしますね。
スタミナはまだ難がありますが、
男子フィギュアの未来も明るい(笑)。

しかし、この15歳とは思えないしっかりしたインタビューの受け応えは、何でしょう(笑)。
うちのお兄さんに爪の垢を煎じて飲ませたい(爆)。

石川遼くんなんかもそうでしたけど、
若くても出来てる子って、出来てるんだよねー。

うちのお兄さんに爪の垢を煎じて飲ませたい。  ←2回目(爆)

フィギュアの記事書くの久々だな~。
書いてないけど、今季もずーっと楽しんでますよー♪

四大陸選手権の女子ショートは、
安藤美姫ちゃんがトップでしたね。

フィギュアのこと書く度に言ってますが、
私は女子選手の中で美姫ちゃんが一番好きでして、

もううっとり恋の矢
吸い込まれそうに美しかったです。

彼女のショートはシーズン途中での曲の変更がありましたが、
見事はまりましたね。

ジャンプも完璧、滑らかで何の淀みもないスケーティング。

彼女の表現する世界に浸り、
そのまま10分くらい見ていたかった:*:・( ̄∀ ̄)・:*: ←スケーター死んでまうわ

今の美姫ちゃんは本当に安定感があり、
安心して見ていられます。
ああ、フリーが楽しみ♪


一方の、浅田真央ちゃん。

どうも昨日の女子ショートには魔物がいたようで、
鈴木明子ちゃんや長洲未来ちゃんもそうだったんですが、

ジャンプを決め切れない選手が多く見受けられましたね。

真央ちゃんはシーズンの前半こそジャンプフォームの作りなおしに取りかかった影響で苦戦していましたが、
(報道でやれ心配だのなんだのといろいろ言われてましたけど、
はっきり言って私なーんも心配してなかったです(笑)。
全日本までに絶対間に合わせてくると思ってたから。
彼女を誰だと思ってんだ、なめんなよとテレビに文句言ってましたね(笑))

シーズン終盤でトリプルアクセルを失敗することって過去あんまりなかったので、
逆に珍しいことが起きたな、という感じですね。
悔しがってたな~o(TωT )

話によるとプログラム構成にかなりの変更を加えたということなので、
(ただショートの方は変更があったのかどうか、ちょっとわからないんですけど)
もしかしたら影響あったのかな?

少なくともフリーの方は、
全日本の時は改変したジャンプを確実に飛ぶため、
ジャンプの前の助走を全体的にあえて長めに取るような構成になっていたと思います。
恐らくその辺を、振付の流れの中で飛ぶようにしてきてるんじゃないでしょうかね。

今絶好調の美姫ちゃんが完璧な滑りをした場合、
トリプルアクセルを成功させることもそうですが、
つなぎの部分を整備していかないと、

上に行くことはなかなか難しいと思うんですよね。

そのあたりをどのくらい板について演技できるか、
それが見どころでしょうか。


そして鈴木明子ちゃんですが、
どうも全日本以降ジャンプがはまらない…。

ちょっとエアポケットにはまってしまったか…と心配してるんですが…
シーズン最後のフリー、いい演技を見せてほしいです。

絶品の表現力は健在なんだけどな~。

どちらかと言うと表現重視でフィギュアを見てる私は、
ポイントでの明子ちゃんの評価が割と低めに抑えられてしまうのが、
納得いかないんですけどね。
もっと出来栄え加点はつかんのか!といつも思います(笑)。


さあ!
今夜のフリーも、
ガッツリ見ますよ~!!

何が復習かって言うと、
14日のレッスン曲は、以下の2曲でした。

Worship The Lord


Total Praise

どっちも過去記事で扱ってるので、詳しいことは書かなーい。 ←手抜き(笑)

去年の4月、奇遇にも2曲を連チャンで、
さらに奇遇にもこの2曲を対比させた内容になっているので、
その辺読んでいただければと。

そちらにも書いてあるんですけど、
Worshipの楽譜アレンジが原曲と違うんですわ(笑)。ご注意。

Total Praiseは、ライブ映像の方を貼ってみました。
生で歌ってる姿があると、やっぱり伝わり方が違いますね。
…ちょっと鳥肌もんです。

そんなカンジで、手抜きなレッスン記事でした(笑)。

Total Praiseの過去記事

Worship The Lordの過去記事


にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ

にほんブログ村

Sing it to the Sun!!~カヨコのボイストレーニングROOM

…さあ。

立ち上げてしまいましたよ3つ目を。


あっちのあいさつ文にも書きましたけど、
いくら目的別とはいえホントに管理できるのかワタシ(爆)。


ともあれ、
あちらはあくまでボイトレ関連のお仕事ブログとなります。
こちらともども、ひとつよろしくお願いしますです♪

悪戦苦闘の末(笑)、完成いたしました。
どうぞご覧ください♪

カヨコのボイストレーニングROOM

メッセージボードの方にもリンクを貼ってみました。
ボイトレご希望の方はご連絡を。
…場所的にどこにでもって訳にはいきませんが(笑)。

出張料出してもらえるなら考えなくもない:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

↑ホントかいな汗

どうぞよろしくお願いいたします♪


これから、レッスンやってきまーす(*^ー^)ノ

絆コンサート、ラストを飾るのは…

$カヨコのLife Is BEATful-ヨーソロー①

出演全団体による演奏!!
各団体の代表約40名が、ステージに集結。

見てください、人口密度(笑)。

(リハーサルでは太鼓を入れず人の配置確認だけをやったんてすが、
その時でさえぎゅうぎゅう(^^ゞ
太鼓が入ったら誰かステージから落ちるんじゃないかと(爆))

太鼓のイベントなどで複数団体で演奏することは珍しくないですが、
8団体のこの人数でやることは、そうそうないんじゃないでしょうか。


そして曲は、

"ヨーソロー"!!
カヨコのLife Is BEATful-ヨーソロー③カヨコのLife Is BEATful-ヨーソロー②

みんなで息を合わせ、
陸地を目指せー(≧▽≦)!

4つのパートに分かれ、
それぞれ違うテーマを同時に叩いたり、
ウェーブのように行き交ったりする、
耳も目も楽しめる作品です。


しかも、この大人数。

大 迫 力 (≧▽≦)!!!!

音が、まるで地響きのようです。
みぞおちに振動が(笑)!!


$カヨコのLife Is BEATful-ヨーソロー④

自分のところの子供たちが出ている中手前味噌で恐縮ですが、
いい~もの見せてもらいましたよ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
フィナーレに相応しい、素晴らしい演奏でした。


ホールの客席後方で一緒に演奏していた鳴り物隊のみなさんもステージへあがり、
さらにぎゅうぎゅう(爆)

$カヨコのLife Is BEATful-全員集合!

こうして熱い1日、
新風Ⅳ~絆は閉幕したのでありました。

そしてお待ちかねの、日本太鼓TAKERUライブ!!

最後の出番のスタンバイをしながらだったので全部は見られなかったんですが、

いやもう、凄いのなんのって。
しびれます。

遠景、光量足らずで写真はかなりぶれてますので、
雰囲気だけ…。
何せ、バチのスピードにシャッターが追いつかないんですよ(笑)。


"流星"

$カヨコのLife Is BEATful-流星


"玉兎(ぎょくと)"

$カヨコのLife Is BEATful-玉兎

ピッタリ横に並んだお三方の太鼓の上を、
入り乱れてバチが跳ねまわる曲です。まさに兎。
よ~く見てないと太鼓の上で何が起きているのか、わからなくなります(笑)。


"忍(しのび)"

$カヨコのLife Is BEATful-忍

ライブでもよく演奏されているお馴染の曲なんですが、
カッコよくて大好きなんですよねぇ(〃∇〃)。
曲のラストで、バチを刀に見立てて鞘に納める仕草でフィニッシュ。
その世界を細部に至るまで表します。


"猛囃し(たけるばやし)"

$カヨコのLife Is BEATful-猛囃し


"真剣勝負(ガチンコ)"

カヨコのLife Is BEATful-真剣勝負①カヨコのLife Is BEATful-真剣勝負②

日本太鼓のお二人、石田vs武田のガチバトル!!
この日一番の爆笑を取りました(笑)。
お二人も今日出演している団体の指導をしていらっしゃるので、
客席からそれぞれを応援する生徒さんのかけ声が飛び、一層笑いを誘いました。


"大太鼓~三途の川~獅子"

…と、実はこの時点で私たちは無念の退席。
ラストの全体演奏で私たちは一番に太鼓を入れなければならなかったので、
早めのスタンバイで楽屋へ。

ですが、このTAKERUさん大太鼓ソロからの超ハードな3連チャンは、
ここ最近の定番メニューになっています。
しかも今回は大太鼓5台の共演。広い会場じゃないとできない。

その意味でも、お客様はなかなか見られないものを見られたのではないかと思います。

私とお兄、楽屋側から音だけ聴いていたんですが、


壁が、揺れるんだよ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


そして、アンコールで一曲。
…何を演奏したかわからない(涙)…
多分"阿吽"か"天の岩戸"かのどっちか。…どっち?


こうして、毎度熱狂のライブが終了。
ラストの全体演奏へ!!

さらに続くのよん( ̄▽+ ̄*)。


※ライブ中、客席の男性がTAKERUさんの筋肉を見て、
「ドラゴンボールを地でいってるよな…」と呟いているのが聞こえ、
吹き出しそうになりました。

雪が積もる!

…と、天気予報でいっていたのでかなり心配していたんですが。

と言うのも、会場は市原市民会館。
…車で約45分の道のり、積もったらシャレにならん…

が。

さすが外房、朝も雪の影も形もなく、
市原へ向かう途中の内陸の方で、
空き地や木の上、屋根の上に薄ーく残ってた程度でした。

無事朝9時に開場入りし、搬入・楽屋入り。


さすがに8団体もいるので無理からぬことなんですが、
待ち時間長し(笑)。
自分たちのリハーサルは11時半。

それまでの間に型の確認と、
手でリズムの確認しながらイメトレなんかもしましたが、

こういう時、遊びながら時間過ごせる子供たちはいいですね。

何か良からぬ相談をしている楽屋の子供たち(ウソです(笑))
カヨコのLife Is BEATful-相談

リハーサルは場当たりのみで太鼓を打つ時間はなし。
この団体数で、しかも団体が入れ替わる度に太鼓もすべて入れ替わるわけですから、
舞台袖と楽屋周辺は、そりゃ~もう凄いことになってました(笑)。


そして13時開演!

途中まで客席から観覧。
中には今回が初舞台だったというところもあり、
初舞台でこのステージは緊張するだろうな~と^_^;。
でも息の合った演奏をみんな見せてくれていました。

そして私たち…

例によって、出演者のため写真なし(笑)。
(近いうちに撮影した方からもらってアップしようと思いますが)

曲打ち1曲、初陣、葵神輿という、
体力勝負の初陣を間に挟んだ正直しんどい曲順だったんですが、

(しかも小2の女の子二人を、初陣デビューでその中に放り込んだ鬼のようなワタクシ( ̄▽+ ̄*))

うちの子供たちの強みは、
場数だけは多く踏んでいて場慣れしていることなんで(笑)、
雰囲気に臆することもなく、普段通りの物が見せられたのではないかと思います。

なんか、思いのほかあっと言う間に終わっちゃった(^^ゞ。
いただいた拍手がとても嬉しかったですわ。

【出演団体】

和太鼓 初茜/太鼓衆 華/和太鼓 笑/山火太鼓/
勝見和太鼓(私たち♪)/TAKERUの会 船橋支部/丸貴大with和太鼓昇鼓團

出番が終わってから撮影許可証をまわしていただいたので、
昇鼓團さんのみ、写真あり。↓
2曲ともエストーレの時の演奏で馴染みのある曲で、楽しみました♪
カヨコのLife Is BEATful-昇鼓團

そしてこの後、メインゲストの日本太鼓 TAKERU登場!!


続くのよん(*^^)v

かなーり前から着手してたんですけれども、
ボイトレ教室のホームページが!

やっと!!

やっと!!!!

完成しました~~~


カヨコのボイストレーニングROOM


思えばホームページビルダーを手にしてから、長かった(爆)。

格闘しながら試作品を作っては気に入らず破棄し。

また作っては破棄し。

HPビルダーを開くと自動的に睡魔に襲われ(爆)。

…を、繰り返し(-_-)。


どーにかこーにか、形は作りました。

…というか、

手直ししたいことはまだまだたくさんあるんだけれども


興味のある方は、どうぞご覧ください。
茂原市・長生郡近辺の方で、やりたい!という方は、
ご一報いただければと思います。

以上、お知らせでした♪

和太鼓関連の記事を書くのも、
えらい久々になってしまいましたが。

$カヨコのLife Is BEATful-梅

練習場所である集会所近くで咲く季節の花の写真を、
たま~に紹介したりしてきましたが、

先週あたりからは梅の花が咲いてます。

いくら南国千葉とはいえ、
1月はさすがに極寒だったのに早々と花を付けちゃって、びっくり。
去年の夏が暑かったことが関係してるらしいですね。



只今、

こちらに出演するための練習をやっている真っ最中です♪

新風Ⅳ ~和太鼓の競演~ 絆

日時:平成23年2月12日(土)

開場:12時30分

開演:13時00分


場所:市原市市民会館 小ホール

料金:一般2,000円
高校生以下1,500円(税込)


主催: 千種ふれあいくらぶ


出演者

勝見和太鼓

和太鼓 初茜

和太鼓 昇鼓團

山火太鼓

和太鼓 笑

太鼓衆 華

TAKERUの会・船橋支部


メインゲスト

日本太鼓 TAKERU


ご覧の通り、
TAKERUさんとご縁のある和太鼓7団体による競演となります。
↑リンクからTAKERUさんブログの記事に飛べますので、ご覧ください。

当初お話を頂いた時、
各団体1曲ずつだと聞いていたので、

じゃ『初陣』に絞って詰めればいいやと余裕こいていたところ(笑)…

全団体の合奏曲を覚えてねっラブラブと言われ(笑)

(いや、ホントはTAKERUさんに「やれる?」と聞かれたんで「なんとかします」と答えたんだけどさ^_^;)

さらに、年末に詳細が明らかになったら1団体20分という話になり、
曲打ち1曲と葵神輿も演奏することに。


今回初陣デビューの2年生2人がいる中、
思いのほか大容量な中身( ̄▽ ̄;)。

本番まであと一週間のところで、
あとはひたすら詰めていくのみ…。

今日も、ガッツリ練習しまする。


そして。

この絆コンサートが、
私の和太鼓ライフ最後の1日となります。

先週に引き続き、テキストおさらい月間な感じのゴスクラスでございます。
昨日のレッスンは、こちらの曲でした。

LEAN ON ME - Michael Bolton



ビル・ウィザーズが原曲ですが、
このマイケル・ボルトンVer.がヤマハ版の元アレンジになります。

ここからは、ゴスクラスのみなさんに業務連絡。

テキスト楽譜はこれまた原曲の1音半下になります。
なので、これに合わせて練習しちゃうと実際に歌う時に玉砕するので注意(笑)。

実はクワイアーの方は、どのパートも原キーどおりの方が歌いやすいんですけどね~^_^;

マイケル・ボルトンのしゃがれた声質であんまりそういう感じがしないんだけども、
ソロボーカルが男性としては何気に高音なんですよね。
そのために全体のキーを下げたアレンジになっていると思われます。

ちなみにビル・ウィザーズ原曲がこちら。渋い( ̄▽+ ̄*)♪




Sometimes in our lives,we all have pain
We all have sorrow
But if we are wise
We know that there's always tomorrow

Lean on me when you're not strong
And I'll be your friend I'll help you carry on
For it won't be long till I'm gonna need somebody to lean on

生きていれば辛いことも悲しいこともあるけれど、
いつだって明日はあるって、わかるはず。

強くなれないときには、僕を頼っていいよ。
君が前に進むために、手を差しのべる友だちでいよう。
誰かの助けが欲しいと思うことなら、僕にだってあることだから。


2003年、アメリカで起きた同時多発テロ事件の後、
チャリティーで復興を勇気づける歌として歌われることもあったそうです。

これはゴスペルソングではないものの、
メッセージソングとしてそのように扱われることも多く、
複数のアーティストがカバーしてます。

87年にはクラブ・ヌーヴォーがカバーして全米1位になってるんですね。
…でもこのアレンジ、私は好きじゃないから貼らない(笑)。
興味ある方は自力で検索してくださいな。
良くも悪くも、あ~、当時の時代の音よねーって感じです。

本来の意味内容が全く伝わってこないカバーの仕方は、私は好かんのですよ。
何でもアレンジすりゃいいってもんじゃねーぞ、みたいな(爆)。


さてさて、毎レッスンのようにご見学の方がいらっしゃるゴスペルクラスなんですけれども。

昨日レッスンに来てそのまま入会したのが、
何とうちのお兄の同級生のママだった\(◎o◎)/

…びっくりした…

でも、
なんだかやたらに明るいクラスの雰囲気を気に入ってくれたみたいです(笑)。

その一方で、長年一緒に歌ってきたメンバーの一人が、
ご家庭の事情でレッスンのお休みを決めたりと、いろいろありますが…

いつか戻ってくると言ってますので、
その日を楽しみに待ちましょう♪


そして!

ゴスペルナイト2011の日程が、

9月10日(土)に決まっております(*^^)v。

今年は東京国際フォーラムで、
わたしたちのグループがトリを務めます♪
曲のレッスンが始まるのは春以降になると思いますが、

またいろいろ明らかになり次第、記事にしたいと思います。


でも9月の第二土曜って、多分中学校体育祭だな…(-_-;)

ま、いーか。もう中3だし、別に見なくても。

そんなわけで、息子よ。
今年、お母さんはゴスナイ優先だよ~ん。 ←おい

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
にほんブログ村