FC2ブログ

先週に引き続き、テキストおさらい月間な感じのゴスクラスでございます。
昨日のレッスンは、こちらの曲でした。

LEAN ON ME - Michael Bolton



ビル・ウィザーズが原曲ですが、
このマイケル・ボルトンVer.がヤマハ版の元アレンジになります。

ここからは、ゴスクラスのみなさんに業務連絡。

テキスト楽譜はこれまた原曲の1音半下になります。
なので、これに合わせて練習しちゃうと実際に歌う時に玉砕するので注意(笑)。

実はクワイアーの方は、どのパートも原キーどおりの方が歌いやすいんですけどね~^_^;

マイケル・ボルトンのしゃがれた声質であんまりそういう感じがしないんだけども、
ソロボーカルが男性としては何気に高音なんですよね。
そのために全体のキーを下げたアレンジになっていると思われます。

ちなみにビル・ウィザーズ原曲がこちら。渋い( ̄▽+ ̄*)♪




Sometimes in our lives,we all have pain
We all have sorrow
But if we are wise
We know that there's always tomorrow

Lean on me when you're not strong
And I'll be your friend I'll help you carry on
For it won't be long till I'm gonna need somebody to lean on

生きていれば辛いことも悲しいこともあるけれど、
いつだって明日はあるって、わかるはず。

強くなれないときには、僕を頼っていいよ。
君が前に進むために、手を差しのべる友だちでいよう。
誰かの助けが欲しいと思うことなら、僕にだってあることだから。


2003年、アメリカで起きた同時多発テロ事件の後、
チャリティーで復興を勇気づける歌として歌われることもあったそうです。

これはゴスペルソングではないものの、
メッセージソングとしてそのように扱われることも多く、
複数のアーティストがカバーしてます。

87年にはクラブ・ヌーヴォーがカバーして全米1位になってるんですね。
…でもこのアレンジ、私は好きじゃないから貼らない(笑)。
興味ある方は自力で検索してくださいな。
良くも悪くも、あ~、当時の時代の音よねーって感じです。

本来の意味内容が全く伝わってこないカバーの仕方は、私は好かんのですよ。
何でもアレンジすりゃいいってもんじゃねーぞ、みたいな(爆)。


さてさて、毎レッスンのようにご見学の方がいらっしゃるゴスペルクラスなんですけれども。

昨日レッスンに来てそのまま入会したのが、
何とうちのお兄の同級生のママだった\(◎o◎)/

…びっくりした…

でも、
なんだかやたらに明るいクラスの雰囲気を気に入ってくれたみたいです(笑)。

その一方で、長年一緒に歌ってきたメンバーの一人が、
ご家庭の事情でレッスンのお休みを決めたりと、いろいろありますが…

いつか戻ってくると言ってますので、
その日を楽しみに待ちましょう♪


そして!

ゴスペルナイト2011の日程が、

9月10日(土)に決まっております(*^^)v。

今年は東京国際フォーラムで、
わたしたちのグループがトリを務めます♪
曲のレッスンが始まるのは春以降になると思いますが、

またいろいろ明らかになり次第、記事にしたいと思います。


でも9月の第二土曜って、多分中学校体育祭だな…(-_-;)

ま、いーか。もう中3だし、別に見なくても。

そんなわけで、息子よ。
今年、お母さんはゴスナイ優先だよ~ん。 ←おい

にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



【和太鼓】梅の花咲く。

2011年1月17日 新年初レッスン♪

comment iconコメント ( 4 )

こんばんは!

ホコ天の2号です!
カバーやアレンジに関して、そうですよね!
原曲の素晴らしさを生かしつつアレンジをしたいと思っています!
アカペラも限曲をコーラスにアレンジしたいするので、そこが難しいですね!
ゴスペルクラスも楽しそう!
ゴスナイ、いきたい!
もう手帳に予定書いちゃった(笑)
私たちのサークルは明日新入生ライブです!
ブログにお越しくださり、拍手ぽちっとしていただけると新入生も喜びますので、よろしければ!

名前: 2号 [Edit] 2011-02-04 23:29

Re

あら、もう書いちゃった(笑)。早っ。
9月初旬ってまだ夏休み?
都合良ければ是非見に来てくださいね♪
国際フォーラム、今回が最後なので…。
アレンジも、何を伝えたいか、何を表現したいか次第なんですよね。
まぁ、サウンドそのもので遊ぶのも有りだけども、
どこまで許容できるかは程度問題かな。好みもあるし。
原曲のスピリットは損なわず、なおかつそのバンドらしいものができれば、ベストですね♪

名前: カヨコ。 [Edit] 2011-02-05 22:03

Lean on me

カヨコお姉さま(*^^*)♪
お久しぶりです!!
Amebaさんの方と新しく完成したホームページと見させていただきましたぁ(感涙)
どちらにコメント書こうかしらと悩みましたが、こちらがいいかなと思い書かせていただきましたぁ(^-^)♪
「Lean on me」、実は私はマイケル・ボルトンのカバーした方しか知らなかったんです。
お姉さまがオリジナルのかたの方をアップして下さってたので原曲バージョン、初めて知りました。
沢山の人がカバーしてる曲だそうですが、カバーする人の力量というのか…。
アレンジや声や様々なところで、名曲が更に名曲になったり、オリジナルの魅力を損なうような「えー!?こんなカバーの仕方はないよ~(泣)」ということ、ありますよね(--;)
ちょっと、久しぶりに、マイケル・ボルトンの「Lean on me」が収録されてるアルバム「The One Thing」を聴いてます。
頭のてっぺんから出るような声の高さがありますよね(--;)
このアルバム…私が大学1年の時に出たアルバムだったと知って、時の流れを噛みしめました(/--)/

名前: 蛍原ショウコ [Edit] 2011-02-12 17:12

Re

きゃー(≧▽≦)ショウコさん久しぶり♪
そーなんです、やっとホムペができましたのよ。
いやはははは、'90年代の作品ですからね~^_^;。
そりゃ~自分も歳とるわけだ(笑)。
でも、あんまり古さは感じないですよね。
それにしてもショウコさん、そのアルバムを持ってる事自体驚きだわ(爆)。
どれだけ守備範囲が広いんだ~!
このキーの意外な高さはびっくりしますね。
女性が普通に歌えるんだよ(笑)…
アレンジは好みの問題も大きいし、
仮にも全米1位になったクラブ・ヌーヴォー版にケチつけるのもどうかと思うんですが(笑)
時に奇をてらいすぎて失敗してるやつもありますしね。
特に歌詞やメロディに力のある曲なんかは、
余計なことしない方が伝わることが多い…
ところで!
英さんコメントにも書きましたが、
ご結婚おめでとうございます♪♪♪
私も、安心して枕を高くして寝られます。 ←なんだそりゃ
Lean On Meは、今後のお二人にプレゼント♪

名前: カヨコ。 [Edit] 2011-02-13 02:07

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)