FC2ブログ

人生一番目の記憶は? ブログネタ:人生一番目の記憶は? 参加中

あんまり、
幼少期の事を覚えてないんですよ。

多少なりとも、こんな事があったな~って自分でわかるのは幼稚園に入った後からなんですが…

その入園前の記憶で、一番古いと思われるのが、

当時住んでいた集合住宅の3階の窓から、
恐らくは温暖な横須賀で、その時生まれて初めて見たと思われる、雪景色。
それ見て、
びっくりして泣いた(笑)。

でね。

これは、本当にその時感じたことなのか、後付けの記憶か定かじゃないんですが、
その泣いてる自分を、ちょっと引きの視点で見てる自分が、

「…別にそんなに泣かなくてもよかったかも。」

って、思ってるという(笑)
よく考えたら大して怖くなかったんだけど、とりあえず泣いちゃったから泣いとけ、みたいな。


3才の時でした。


あとは場面を断片的に、飛び飛びに覚えてる程度で、
どれが先やら後やらわかりません。


断片ではなく、ちゃんと映像としての記憶が残っているのは幼稚園入園以降なんですが、

今思い起こしても、あまり楽しかった覚えがないんですね。


喋れない子だったんですよ、ホントに。


うちの二人の子供たちは、ともに言葉が出るのが遅いほうだったんですが、

今思うと、恐らく私もそうだったんではないかと。


当時を思い返すと、

どう喋っていいのかわからない、とか、
うまく伝えられない、とか、
そんなちょっとしんどい感情が一緒にくっついてきます。


それがさ。


人間、わからないもんだよね。


子供たちに教えたり、

大勢の前でMCやったり、

コミュニケーション能力を問われる事をたくさん、やってるんだから。


うち息子&娘を見ると、

遠慮なくワガママ言うわ、

文句つけるわ、

甘え上手だわ、


当時私が出来なかった事を易々とやってのけていて、

…羨ましいぜ、こいつら(笑)

とか、思いつつ、

安心する私。


なのです。




関連記事
スポンサーサイト



人として大切なこと。

猫まっしぐら。

comment iconコメント ( 4 )

1. 僕は

まったく逆で、よくしゃべる子だったようです。
「お前は3分間黙ってたら、口が腐ってくるとでも思ってるのか」
と言われるほど、しゃべっていたそうです。
今は、いろいろ考えてしまって、寡黙になることも多いです。
けど、口数の少ない子は、やはりもどかしさやストレスを抱えているんですね。

三島由紀夫さんは、生まれたときのことを覚えていたと言っていました。
ホントかなぁ?
僕の最初の記憶は、2,3才の頃の夢です。
夢の中で、パトカーに乗って、
河原にボールを拾いに行った夢。
朝起きて、そのボールがなくて、泣いたところまで記憶にあります。
僕ちんにも、そんなかわいらしいときがあったのだなぁ(しみじみ、遠い目)

名前: わー [Edit] 2009-06-12 22:49

2. 記憶か・・・

何だろう?
これは確かかなのか定かなのかはわからないんですが、母の胎内にいた自分を客観的にみてる自分がいたように思います。なんとなく胎内をみてるんですよ。そして「自分がここにいる」って。
これが確かなものだったら、一番最初の記憶です。
産まれてきてからの記憶は、赤ちゃんの自分。これは客観的にはみてません。
わたし、ベッドの上で天井見て泣いてました。
看護婦さんが来てオムツを換えようとしていました。
そして勢いよく看護婦さんに向かってオシッコをかけてしまいました。
この話、数年後に親から聞いたんですが、わたしはちゃんとそれを知っていたのです。

そしてそれが、わたしの記憶では人生最初の災難でありました。なぜならオシッコは引力によって自分にも降りかかってきたからです。

名前: つきかげ [Edit] 2009-06-12 23:01

3. Re>わーさん☆

3分黙ると腐る(笑)。
相当すごかったんですね(笑)。

今だに、頭の中を少し整理してからでないと言葉をつなげない私は、立て板に水のように話す人が羨ましいなーと思いますねぇ。

お。赤ちゃんの時の記憶をお持ちの方が、わーさんの次に書き込みしてまっせ。何と、よく知ってる方ぢゃないですか( ̄▽ ̄)。

名前: KAYO [Edit] 2009-06-13 08:54

4. Re>つきかげさん☆

すごいですねー(*'o'*)!
胎内の記憶、よく聞きますがご本人体験の話は初めてうかがいました。

覚えている人は覚えているんだなぁ。

人生初の災難は、
余程キョーレツだったんでしょうねぇ(笑)。

名前: KAYO [Edit] 2009-06-13 09:06

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)