FC2ブログ

それでは!

今回のゴスペルナイトで扱われた曲を全紹介です!!

YouTubeで発見できたものは、バシバシとリンクを貼っちゃいます!!


…根性のある方は聴いてみるべし。

なんてったって、講師演奏やラストの全員合唱曲含め、29曲ありますから(笑)。

まともに聴いたら半日がかりよ~ん( ̄▽+ ̄*)。


各グループのカラーも、写真でお楽しみいただければと思います。


註:当然ですが当日の実際の歌は、

それぞれに私たち生徒が歌うためのアレンジがなされていますので、

必ずしも原曲通りに歌ってはいません。YouTubeリンクは、あくまで参考です。


また、書いてある感想はあくまで私個人のものですので、ご了承くださいませ。



【グループ1】

スタート直後から、すごーくタイトでいい歌を聴かせてくれました。これから始まるステージの、期待を抱かせてくれるに十分、ってカンジで♪



BEATful-Life 和太鼓&GOSPEL(ゴスペル)-グループ1


Friend Of God

The Prayer

Be Lifted Up   

去年、私たちも歌った曲。あ~、こういう風に聴こえてたんだなぁ、って。

  改めて、ステージ栄えするいい曲だと実感。


【グループ2】

講師の先生のキャラがキョーレツぅで(笑)いつもそこばかりに目が行ってしまいがちなんですが(^▽^;)

今回は全体がよく作り込まれてて、楽しいステージだったです。


BEATful-Life 和太鼓&GOSPEL(ゴスペル)-グループ2


It's Gonna Rain

I Believe I Can Fly

We're All In This Together  

↑ハイスクールミュージカルでもっとも有名な曲なんだけど…

 ゴスナイの曲としては、ちょっと反則ぎみか!?(笑)


【グループ3】

このグループのみ、スタンバイで会場のから退出していたため本番中の写真は撮れませんでして、

これはリハーサル中の写真。すごく良かったので、本番聴きたかった…


BEATful-Life 和太鼓&GOSPEL(ゴスペル)-グループ3


Khumbaya  

↑私たちが歌ったHosannaと同じ、

ソウェト・ゴスペルクワイアーの曲。アフリカーン。

Authority

God Great God  ←これまたIf I Tell Godと同じ、Kurt Carrの曲です。


【グループ4】

こちらは、もちろん舞台袖から。歌のバランスは袖からじゃ全くわかりませんが、

一緒に手拍子入れたりして、参加してました(笑)。


BEATful-Life 和太鼓&GOSPEL(ゴスペル)-グループ4


He Reins

Enter In 

↑Joe Paceの曲いっぱいあるのに、これだけ発見できなかった!

 いい曲なのに~(泣)

The Blessing Of Abreham


【グループ5】

そう、私たち!客席には、どんなふうに聴こえていたんでしょうね(*^▽^*)。

BEATful-Life 和太鼓&GOSPEL(ゴスペル)-20090912184928.jpg


Hosanna

I Adore You

If I Tell God


※今までさんざんリンク貼ってきたから、もう貼らなーい(笑)。

PC版の方は、ブックマークに突っ込んでありますので、そちらからどうぞ。

ケータイの人は…

過去記事探して~(←おい)



はい!ここで前半ステージ終了。休憩に入ります。

レポも休憩に入ります(笑)。


後半へ、続く!!  (←またかーい!!)


関連記事
スポンサーサイト



ゴスナイ2009・INDEXその2~Oh, What A Gift!

GOSPEL NIGHT~それぞれの空の下。

comment iconコメント ( 4 )

1. またつづくんかい!

それにしても圧巻ですね。
生で聴きたかったです。

名前: つきかげ [Edit] 2009-09-14 23:53

2. 無題

いいよねぇ、ゴスペルって。
最近、ポール・サイモンのソロになってからので、
南アフリカの音楽を取り入れたのをずっと聴いてるんですが、
あらためて、生命の力強さと躍動感を感じます。
何よりも、演奏者が本当に楽しそうなのが、
ゴスペルの一番すばらしいところ!

名前: わー [Edit] 2009-09-15 08:40

3. Re:つきかげさん

また続いちゃった(笑)。
ステージの写真、壮観でしょ?

名前: KAYO [Edit] 2009-09-15 22:11

4. Re:わーさん

アフリカンの音楽って、どうしてこうも揺さぶられるんでしょうね。人類発祥の地だからなのかしら。音楽の源流も、人の流れとともにあるんでしょうかね(°∀°)b 形にとらわれず、ただ音や声を重ねる喜びに満ちているあたり、ゴスペルの原点もここなんだなぁと感じますね(^_^)。

名前: KAYO [Edit] 2009-09-15 22:28

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)