FC2ブログ

正直、このことをアップするのはかなり勇気がいります(;^_^A。
和太鼓つながりで交流している方も多いんでねー。

では、お話しましょう。


思えば和太鼓で子供たちの面倒を見始めた頃、
私はまだ専業主婦をしておりました。

結果、和太鼓は私の生活の中で大きなウェイトを占め、

以来、自分の時間を太鼓のために調整してきたんですね。

今の飲食店の仕事も、
イベントで出張る可能性のある土日を休日にできたことと、
練習日を休日にしてもらえたことが決め手で選んだようなものでした。


しかし今、ボイストレーナーのお仕事をやるにあたり。



和太鼓の世界からは完全に手を引かせていただくことを決めました。



何せ駆け出しボイストレーナーですし、
勉強しながらしっかり専念したいこと。
時間的やりくりの問題。

実際にレッスンを持ってみてわかった、
ボイストレーナーという仕事のエネルギー消費の高さ。

体調管理がとても大事なお仕事をする傍らで、

時に追加練習が必要になったり、
ステージ構成を練ってかかりっきりになったり…という関わり方は、
今後どう考えても無理で、

両立はもう不可能と判断した、

という、ことなんです。




…実はね。

ここ最近、

"自分にとって、和太鼓というものが、ナンバーワンのものではない"

という自身の中での事実に葛藤し、

非常にしんどさを感じながら、太鼓の練習に向かっていました。

(私にとってナンバーワンのことというのはやはり歌であり、
それはもう動かしようがありません。)

私、以前練習の度にアップしてたレポ、書いてないでしょ?


書けなくなったんです。

おこがましくて。

私はブログの場でも和太鼓をやっていらっしゃる方と交流させていただいてますし、
また、TAKERUさんや丸さんのような奏者の方も間近で見てきているわけですが、

その本気度や打ちこみ方を目の当たりにするにつれ、

『太鼓の先生』などと呼ばれることはあまりにも不相応だと、
自分では感じていました。


ところがここ最近うちの親方が仕事で全く練習に出て来れないために、
そんな心持と反比例して増えていく自分自身の負担の大きさ。


誓って言いますが、だからと言ってそういう葛藤を練習の場で表に出したことはありませんし、
手を抜いたこともありません。
始まれば、スイッチ入るんだよね。そういう体質だから(笑)。

ただ、なまじ自動でスイッチが入ってしまう分、
その反動は大きく。

終わって家に帰ってみると、
今までにないくらい疲労してるんですよ。

「疲れた~~」と倒れこむ私に、
「大丈夫~~?」と言いながらお兄が背中マッサージ。
…なんてことも、多くなりました。 ←年のせいだってウワサもあるが(笑)


無理して続けて、
ある時点でブチッて切れてしまうという失敗は、
若い頃にさんざんやらかしましたから(笑)…

リミッターが反応している今が、
退き時だと感じたわけです。

この転職は、そのいいきっかけになりました。


来年2月に予定している和太鼓発表会をもって、

勝見和太鼓から、離れます。

その2月までに、
あの子にこの曲をマスターしてもらおうとか、
そんな目標もいろいろありますので。

それをきっちり果たして、心残りなく去るつもりです。


ああー。

6年。

長かったなー。


子供たちに指導し始めた頃、
保護者でもある友だちの一人に、

「もう辞めれないよ~♪」って言われたことがあるんですけど。

ええっ!?やっぱりそうかなー…と答えつつ、
年を重ねて先々まで太鼓をやり続ける自分というのが、
全然ビジュアライズされなかったっていう記憶があるんですよね。

…そういう勘って、外れないんだなー。

別に、太鼓が嫌いになったわけじゃありません。
…ただ単に自分の趣味としてやっているだけの事だったら、
結論も違っていたかも知れません。
ナンバーワンでないなら、ないなりに続けていくこともできたかも知れません。


でも私が和太鼓の世界に戻ることは、恐らくもう無いと思います。

先の事はわかりませんが、
今こう感じているってことは、
そうなんでしょう。私の場合。


思えば、"和太鼓&GOSPEL"の副題で始まったこのブログ。

GOSPELは移動し、和太鼓もあと3カ月ほど。
もうじき"Beatful"なライフじゃなくなってしまうなぁ(笑)。
※beatは『ぶったたく』の意味です。


するってーと、ここは猫ブログと化すのかしら!?(笑)


ネコにゃんこで和んで。

時々爆弾爆弾が投下されるという。

大変メリハリの利いた場所に(爆)。

なっていくかと思われます。


よろしくどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト



【にゃんこ】ばに襲われる!?

【にゃんこ】蔵出しにゃん像。

comment iconコメント ( 8 )

1. そうでしたか。

カヨコお姉様、ごめんくださいませm(__)m
事情、そういうことでしたか!!
決める、ということは特にカヨコお姉様が今回葛藤されたようなことの場合は、もの凄く大変な決断だったと思います。

しかし、こうした場合…ご自分の中で感じた直感に従うことが良いように思います。
一番自分が求めていることは何か、それを知っているのはご自分が一番知っていますから…。

長々失礼しましたm(__)m

名前: 蛍原ショウコ [Edit] 2010-11-03 01:40

2. なるほど

その勇気のある行動と太鼓生活終止符に、
お疲れ様ですと申し上げます。

決断するときは色んな事を考えますわさ。
時間がたてば、ケロっとしてますよ。

ボイトレも大変でしょうが、楽しくやって下さいね。

名前: つきかげ [Edit] 2010-11-03 06:16

3. Re:蛍原ショウコさん

ショウコさん、いつもありがとう♪
なんか、ショウコさんにそう言ってもらえると、
でっかい後ろ盾ができたような安心感があります(笑)。
カヨコさん、前に進みますわ。

名前: カヨコ [Edit] 2010-11-03 08:09

4. Re:つきかげさん

あははは(笑)ケロっとですか。そっか。

コメント読んで力抜けちゃいました。
ありがとうございます。


名前: カヨコ [Edit] 2010-11-03 08:15

5. おつかれさまでした

ご苦労様でしたね。
いろいろ掛け持ちで、しんどいやろな
そう思っていました。
ちょっと整理して、またがんばろー、ですね。
かよこ大公は、太鼓からは退行ということで、
また明るく楽しくやっていきましょね。

名前: わー [Edit] 2010-11-03 10:17

6. Re:わーさん

確かによく掛け持ってましたね。
長くやってる間にそれぞれの比重も変わってきて、
どうしても取捨選択をしなければならなくなっていくんでしょうね。

…って、大公太鼓退行(笑)ダジャレかーい(笑)!!

名前: カヨコ [Edit] 2010-11-03 16:35

7. お疲れ様でした

何事も一生懸命やってしまうタイプなんでしょうね。僕は羨ましいですよ。何でも70%なんで(笑)

ボイストレーナー頑張って下さい!僕も歌を歌う人なのでなんだか身近に感じております('ω'*)

名前: にしむらまさとし [Edit] 2010-11-04 22:54

8. Re:にしむらまさとしさん

ありがとうございます。

70%(笑)
まさとしさんらしいような、
いーや本当は何か隠し持ってるだろーと言いたくなるような(爆)。

巡り合わせって、なんかあるんでしょうね。
物事も、人も。
これから私も一・歌うたいとして生きます(*^^)v。

名前: カヨコ [Edit] 2010-11-06 22:04

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)